猫の咳と気管支炎

猫の咳と気管支炎

猫の気管支炎という病気があります。人間にも気管支炎が弱くよく周囲の変化で咳をする方を見ますが、同じように気管支炎を患っている猫もいます。
最初は吐いていると同じように、ゲーゲーしていたり咽たりしてい症状と似ているため、食事が悪い、変なものを食べた、毛玉を吐いている、などと勘違いされる飼い主さんも多く病気の原因発見が遅くなりがちです。

 

気管支炎の原因。先天的に気管支炎がく咳を多くする猫もいますが、問題の多くは環境の変化が第一に考えられます。ウイルス性になると鼻水や鼻の近くにヘルペスができます。
一見すると普通のケガと変わらないため、ヘルペスを知らない飼い主さんは、消毒をして軟膏を塗りますが、ヘルペスはそれだけでは治らず悪化します。
特徴としては、膿が出ること、傷の治りが遅く悪化しやすいこと、悪化すると傷口周辺から肥大していくこと、また他の箇所に感染しやすいことがあげられます。
また痛みも大分違います。

 

猫の変化を見ているだけでは分かりにくいかもしれませんが、ヘルペスは神経痛の為、傷のように肉の動きで傷口が傷むというより、何をしても傷口に痛みと違和感がある、チクチクと痛いなどストレス要因になります。

 

ヘルペスを治す為には、抗生物質の入った軟膏や飲み薬を治るまで使用していけば数日で完治します。
飼い主さんが適切な対応をする事で、病気の完治は早まりますし、気付いた時に「なんだ」と思うことも多いです。
知っていれば簡単なことだった、けれど知らなかったから猫を苦しませていたという事にならないようにしたいと思いませんか?

 

気管支炎を患っている猫は免疫力が少なく、だからこそヘルペスに対抗する力がありません。
ヘルペスは感染する病気ですが、どの猫にも感染するという病気ではありません。免疫力のない体調の悪い猫が罹患しやすい病気です。
気管支炎を患っている猫は、免疫力のない風邪をひきやすい猫が多いためヘルペスに罹患します。

 

ヘルペスになったから咳を多くするわけでも風邪をひいているわけでもありません。ヘルペスを治しても気管支炎はいつまでたっても治りませんし、ヘルペスは慢性的な再発を繰り返しその度に風邪をひきます。
問題の根本原因は気管支炎を治す、軽減させることが3つの病気の問題を解決します。

 

まずは免疫力をつけましょう。
免疫力の低下が気管支炎の悪化を招く場合が多ので、病気に負けない体を作る!ということが大切です。
風邪をひいた時の薬を飲み続ければいいのでは?と思う方がいますが、それは一番やってはいけないことだと思います。
強い薬を飲み続ければ、それだけ猫の体が薬に頼ることが多くなり、基礎免疫力が低くなります。まずは基礎代謝をあげ、毎日食べる食べ物や飲み物から改善を図っていきましょう。

 

ハイパーUmoは基礎代謝、免疫力を上げる効果があります。薬ほど「ここが治った!」のではなく、体を強くするという、体のバランスを整えるなど体全体の問題解決につながる浄化力を持つ珪酸塩新物質です。

 

毎日のむ飲料水に数滴混ぜることによって、基礎代謝がよくなり咳が少なくなった、食欲が戻った、風邪をひかなくなったなどのお声を良く聞きます。
病気になってからを考えるよりも、病気になる前になにをしたらいいのかな?とお悩みの方に試していただきたいと思います。

 


トップページ 猫の咳止めサプリメント 猫の咳の基礎知識 サイトマップ